本文へスキップ

気象予報士になろう、気象予報士の資格と仕事

気象予報士とは/気象予報士になろう、気象予報士の資格と仕事がすべてわかる

気象予報士とは

「気象予報」は私たちの生活に欠かせない情報ですが、企業活動を左右する重要な情報という側面もあります。

例えば、空模様によって建設作業・港湾作業・野外イベント・運航などが影響を受けたり、気温変動によって食品・衣類品・家電品などの売れ行きが左右されたりと、枚挙には暇がありません。

こうしたなか、気象予報士制度は、気象業務法の改正によって1993年5月から導入され、予報業務の許可事業者(民間気象会社)は気象予報士に現象の予想を行わせなければならないことになり、それを受けて、国家資格である気象予報士制度が誕生しました。

この制度は、防災情報と密接な関係を持つ気象情報が、不適切に流されることにより、社会に混乱を引き起こすことのないよう、気象庁から提供される数値予報資料等高度な予測データを、適切に利用できる技術者を確保することを目的として、創設されたものです。

そして気象予報士は、気象庁から提供される高度で様々な気象データーを総合的に判断して自ら責任を持って、的確に気象予報を行うことが出来る気象のスペシャリストです。


気象予報士試験は

■今後の技術革新に対処しうるに必要な気象学の基礎的知識
■各種データを適切に処理し、科学的に予測を行う知識および能力
■予測制度を提供するに不可欠な防災上の配慮を的確に行うための知識および能力を認定すること

を目的としています。

平成6年8月の第1回試験以来、平成22年8月までに34回の気象予報士試験が実施され、計8055名の合格者がでています。
 
また、平成23年1月1日現在、このうち7854名が気象予報士として登録されています。
 
なお、平成8年7月には気象予報士の親睦団体として日本気象予報士会が創設され、最新の予報技術に関する情報交換等活発な活動を行っています。



気象予報士通信講座

   生涯学習のユーキャン

本試験を想定した実践的なトレーニングと映像を使ったやさしい解説で本試験にも自信を持って対応できます。
   気象予報士 資格取得気象予報士講座

開講以来10余年、初めて気象を学ぶ文系の方がいかにして試験に合格するかを一貫して追求してきた講座です。